『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』板野友美


人気アイドルAKB48が総出演する連作ショートドラマ『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』が、2月末から3月初旬にかけて、9夜連続で放送されるのをご存じですか。

ドラマは、がんで余命3カ月と宣告された上川隆也演じる高校教師と、卒業をひかえた高校3年生のクラスメイトらの日常や葛藤を描いたもので、「卒業」「桜」「死生観」の3つをテーマに、全17話展開されます。
彼女たちの新曲「桜の木になろう」の歌詞の世界観が物語のベースとなっており、女の子たちの人間模様が交錯、連鎖した多彩な感動ストーリだそうです。新曲以外にも、作中ではAKBのこれまでの楽曲がふんだんに使われるそうで、初回は30分、以降は10分×15話、最終回は60分の計4時間というボリューム。卒業シーズンということもあり、涙なしでは見られないこと間違いなしでしょうね。

AKBのメンバー全員が出演しますが、前田敦子さん、大島優子さん、板野友美さん、高橋みなみさん、篠田麻里子さんらがメーンキャストを務めるそうです。中でも注目したいのが、板野友美さん。ともちんの愛称で知られ、AKBの中でも初の歌手ソロデビューを果たすなど、若い世代を中心に人気も急上昇しています。
歌手デビューについて板野さんは「小さいころからの夢に近付ける第一歩。売り上げランキングは気になるけど、どんな結果であってもうれし」と少々緊張気味に語っていましたが、お正月の歌番組で新曲を聞きましたが、ダンサブルなナンバーで、彼女の雰囲気や声質にぴったりでした。同席していたメンバーたちが、心配そうな顔で彼女を応援していた姿が印象的でしたね。

ところで、「Dear J」のJについて本人が秋元康さんに聞いてみたところ、「Japanという国民全体、もしくはJという1人でもいいし、物でもいいらしいので、聞いていただいた方のご想像にお任せします」とのこと。最近はメンバーたちが板野さんのことを「Dear J」と呼んでいるそうです。

ティーン世代のファッションリーダー的存在で、AKBの“オシャレ番長”であるともちん。
バッグなどのブランドを展開する「サマンサタバサ」のイメージリーダー「ミューズ」にも就任したそうで、これからの活躍にますます期待が集まりますね。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。