『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』板野友美 サマンサ


AKB48が総出演する連作ショートドラマ『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』が、2月末から3月初旬にかけて、9夜連続で放送されるそうです。
ドラマは、がんで余命3カ月と宣告された上川隆也演じる高校教師と、卒業をひかえた高校3年生のクラスメイトらの日常や葛藤を描いたもので、「卒業」「桜」「死生観」の3つをテーマに、全17話展開されます。

物語は、彼女たちの新曲「桜の木になろう」の歌詞の世界観がベースとなっており、女の子たちの人間模様が交錯、連鎖した多彩な感動ストーリだそうです。初回は30分、以降は10分×15話、最終回は60分の計4時間というボリューム。卒業シーズンということもあり、涙なしでは見られないでしょうね。

AKBメンバー総出演ということですが、メディア選抜組がメーンキャストを務めます。
前田敦子ちゃんは、上川さんの娘役。大島優子ちゃんはラクロス部の部長で勉強もスポーツもできる優等生役。高橋みなみちゃんは学級委員長を務め、篠田麻里子ちゃんは副担任役をするそうです。私のお気に入りの板野友美ちゃんはファッションが大好きなクラスのリーダー格。
本人も、ソロ歌手デビューを果たしたり、ファッション誌のモデルをしたりと、早くもティーン世代のカリスマとして人気を博しています。

そういえば、先日、バッグなどのブランドを展開する「サマンサタバサ」の新ミューズにも選ばれていましたね。同社のミューズには、これまでに米歌手のビヨンセさん、スペインの女優、ペネロペ・クルスさんとその妹のモニカ・クルスさん、英歌手でプロサッカー選手デービッド・ベッカムさんの妻のビクトリア・ベッカムさんや、モデルの蛯原友里さんなどが選ばれており、板野さんは日本人女性歌手として最年少での就任となりました。

プロモーションビデオでは、サマンサのバッグ約1000個に囲まれて撮影したそうで、もともとサマンサのファンだっただけに、ハイテンションのまま撮影は終了したとのこと。「あれだけのバッグに囲まれることは、人生でこの先もうないかも」と笑顔でコメントされていました。

板野さんとサマンサのコラボ第1弾としてグループ内のブランド「サマンサベガ」と板野さんのソロデビューシングル「Dear J」のジャケット写真やプロモーションビデオ、特典映像などを連動したキャンペーンを展開しています。シングルのジャケット写真などに登場する世界に一つのデザインバッグ「サマンサベガフェリューア」はチャリティーオークションに出品されるそうです。彼女ともども、こちらも要チェックですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。