『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』AKB48 順位


地下アイドルのイメージから一転、国民的アイドルグループへと一気に登り詰め、確固たる地位を確立しつつあるAKB48。メンバーの顔を見ない日はなく、若者からお年寄りまで幅広い世代から人気を集めていますね。

そんな彼女たちが総出演する連作ショートドラマ『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』が、2月末から3月初旬にかけて、9夜連続で放送されるそうです。

ドラマは、がんで余命3カ月と宣告された上川隆也演じる高校教師と、卒業をひかえた高校3年生のクラスメイトらの日常や葛藤を描いたもので、「卒業」をテーマに、全17話展開していきます。2月に発売される彼女たちの新曲「桜の木になろう」の歌詞の世界観が物語のベースとなっているそうで、ほかにも作中ではAKBのこれまでの楽曲がふんだんに使われるそうですよ。

今回は、メンバー全員出演ということですが、人気の前田敦子さんは、担任の娘役で、父親との間に生じたずれに苦しみ、悩みながらも懸命に生きようとする役どころだそうです。
前田敦子さんといえば、昨年、17枚目のシングルのメイン曲を歌うメンバーを決める開票イベントで、大島優子さんに負け、2位に転落してしまいました。「私は負けず嫌いなので正直のところ悔しい。でも実は少しだけホッとしています」と悔し涙を我慢しながらコメントする姿が印象的でしたね。
私はあまりAKBに詳しくないのですが、先日友人に聞いたところ、この順位は、この曲だけの適応だそうです。「2位になったわりに、メディアや雑誌への露出が激しくないか?」と一人疑問に思っていたのですが、そういうことらしく、ようやく納得できました。

確かに前田敦子さんは、ほかのメンバーにはない独特な雰囲気を持っていますよね。イマドキにしては珍しく、黒髪のボブが和風な感じですし、個人的に着物とか着たらとても似合うだろうな〜って想像してます。
話題の「もしドラ」のヒロインにも抜擢されるなど、女優としても注目を集めている彼女。今後の活躍に期待したいと思います。


| 順位
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。