『桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜』AKB48 ヘビーローテーション


人気アイドルAKB48が、総出演する連作ショートドラマ「桜からの手紙〜AKB48 それぞれの卒業物語〜」が2011年2月末に放送されることが決定し、話題を呼んでいますね。
9話連続の放送で、初回30分と最終回60分以外は1話10分ずつのショートストーリーで展開され、もうすぐ卒業となる女子高生たちと、余命3カ月の担任教師が“桜”で結ばれる青春ストーリーになっています。企画、原案はもちろんプロデューサーの秋元康氏で、彼女たちの新曲「桜の木になろう」の歌詞がベースだそうです。

テレビや雑誌などで彼女たちの姿を見ない日はありませんが、コンスタントにCDを発表し続けていますね。「beginner」は、昨年CD年間セールス1位に輝き、日本レコード協会からミリオン認定された唯一のミリオンヒットとなった曲で、歌番組などで耳にする機会も多かったのではないでしょうか。

私が個人的にAKBを応援するようになったのは、この「beginner」の曲あたりから。それまでは、男性受けを狙ったオタク向けアイドルといったイメージがあり、彼女たちの歌をロクに聞いたことすらありませんでした(ファンの方ゴメンナサイ)。そんなわけで、昨年8月に発売された「ヘビーローテーション」に至っては、「あらあら…、これでまた男性ファンが一気に増えるわね…」と皮肉ってたのですが、ある日、プロモーションビデオを見て驚愕!「なんてかわいらしいPVなの!!」と何度も見返してしまい、一気にファンになってしまいました。

一番のポイントは、何といってもCDジャケットとPVがちょっぴりヤラシイところ。大島さんはピンク×水玉のコルセットに網タイツ、前田さんはカラフルなブラジャー、篠田さんはセクシーな紫色のキャミソールと、大胆な下着姿がネットでも話題になりました。また、PVではキスシーンやバスタブに入ってるシーンも…。

男性から見れば、エッチでたまらない!って感じかもしれませんが、女性目線で見れば、ポップでガーリーな仕上がりが、かわいらしくてたまりません。噂では、このジャケット写真を手掛けたのが、若い女性から絶大な支持を集めている写真家の蜷川実花さんとのこと。またこんなかわいらしいPVが見れたらいいな、と密かに願っている今日このごろです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。